せつたび

世界一周してきたぼくのブログ。なんでも書きます。

【TECH::CAMP奮闘記第0日】ほ、本当にプログラミングスクールに通うのかああぁぁあ編【イナズマコース】

人気記事

【リゾートバイトの教科書】住み込みバイトを7回経験したぼくが詳しく解説!
スポンサーリンク

f:id:setun61:20170314003032j:plain

こんにちは。

世界一周経験者のせっつん(@setun61)です。

みなさん、プログラミングに興味ありますか?

あ、はいあります。

そうです、僕は興味あったんです。

ホンマもんのプログラマーに出会ったのは2015年の11月、僕がイギリスの病院で治験のために入院してた時に同じグループにプログラマーの人がいて、1日中パソコンに向かっていたのを覚えています。

「この案件は40万円だからちゃんとしないと。」

って言っていて、どこにいても働けるのはすごいなあああ

と思っていました。

プリグラミングが出来れば世界中どこにいても、仕事が出来るのか…

 

そして、ブログをしている関係で、htmlとcssはちょーーーっと分かるようになっていました。

ぐらいですかね。

ほとんど初心者。

 

「プログラミング興味あるけど、学校に通うほどなのか。htmlとcssだけならブログのために詳しく知りたいな。」

と思っていた時に出会ったのがこの講座。

旅大学と言って、講師の旅人が旅の魅力やノウハウを教えてくれるのですが、今回はプログラミングの講座でした。

tabi-daigaku.jp

講師の方が、世界一周した後「旅のスキルは上がったけど、社会的に死んでるな。と思って、大阪から東京に1週間毎日10時間のイナズマコースで詰め込んで、今ではフリーランスのプログラマーやってます。」

超かっこよくないですか??

これはやばい。

ということで、料金を調べたら

3月12日まで学生は20%OFF!

社会人が1週間で127,440円払ってるのに

学生なら50,976円!

あ、これ申し込むやつや。

 

うーん…

でもなぁ…

 

スポンサーリンク

 

と、悩んでいた結果、締め切りの5分前に申し込むという超滑り込みでTECH::CAMPに申し込みました。

f:id:setun61:20170314001842j:plain

そして、「満員電車には死んでも乗りたくない」という信条の元、渋谷で宿を探していたら、ドミトリー(1部屋に2段ベッドがたくさん置いてあってその1つを借りる方式の宿)で渋谷から徒歩5分で1泊1500円を発見。

 

即予約して、1週間渋谷に缶詰コースを自ら志願。

前日に三重から7時間半かけて青春18きっぷ(JR1日乗り放題チケット)で東京に行き、世界一周を思い出す隣に韓国人が寝てるベッドに寝て、明日から待ち受けている「魔の1週間」に備えたのであった。

f:id:setun61:20170314001922j:plain

手前が僕のベッド。

まだ綺麗なようだ…