せつたび

世界一周してきたぼくのブログ。なんでも書きます。

【#タビイクなう】タイに行った僕の、トゥクトゥクおじさんとの壮絶な戦い。

人気記事

【リゾートバイトの教科書】住み込みバイトを7回経験したぼくが詳しく解説!
スポンサーリンク

f:id:setun61:20161019012538j:plain

TABIPPO名古屋の宴会王子こと、いっせーが夏の旅について書いてくれました。
いっせーはこの夏、タビイクという旅人を育成する企画でタイに行ってきたそうです!

期間

8月22日-9月1日(10日間)

行った国

タイ

きっかけ 

旅好きのTABIPPO名古屋スタッフに囲まれて自分も海外に行きたいと思ったこと!
でも、いきなり一人は不安だったから、現地でタビイクに参加しました。

www.tabimarusho.com

僕のタビイク体験談

目指すはワットポー!

それはタビイクツアー初日の3人旅での出来事だった。
まずは慣れない異国の雰囲気に大興奮。
その時の写真がこちら

f:id:setun61:20161019000527j:plain

「ご覧いただけただろうか、、、、この調子にのった表情。」

「それではもう一度、、、、」と心霊番組だったらやるのだが、調子にのったウスラトンカチをもう一度見せるのは辞めにしよう。

そしてまず向かうはワットポー!!!

金色の横たわったひたすら長い像が有名なのだが、歩いて行ける距離にあるというので歩いていると、

「ミヤサコ!ミヤサコ!なんでやねん!」

とハイカラなおじさん(通称ミヤサコおじさん)が登場。

話がぜんぜんかみ合っていないながらも話していると、

「ワットポーは今僧が食事中だから入れない。先にほかの寺院を回るべきだ」

とのことだった。

優しいおじさんのトゥクトゥクツアー

(ほほえみの国だけあって優しい人がいるもんだなー)
と思っていると、そのおじさんの優しさはとどまることを知らなかった。

「おれの知り合いがそこでトゥクトゥクに乗せてくれる。いろいろ回って30バーツでいい」

(30バーツといったら日本では約90円。まあタイはこんなもんなのか、ミヤサコおじさんいい人やしついていこう。)
と思い乗せてもらうことに。

初めてのトゥクトゥクはめっちゃ楽しくて大合唱をしていると、最初の寺に到着。

(やっぱただのいいおっちゃんやった。人を疑うなんて最悪や、おれ)

と思いながらタイの寺を満喫。

さあ次の寺に向かおうと思ったら、

「燃料の関係で寄らなければならないところがある」

という。まあトゥクトゥクも燃料は必要だなと思いつつ、連れていかれたのは旅行代理店
がたいのいい強面の男がとりあえず座れと言う。おっと、急に雲行きが怪しくなってきた。

明日帰るという嘘をつきなんとかその場は回避。すると、さっきまで優しかったトゥクトゥクのおっちゃんも急に怖い顔つきに、、、運転しながら電話してめちゃ怒ってる。

そして次はなんとファクトリー?に行くというではないか。

(おっと、俺たち切り刻まれて出荷されるのか?はたまた一生過酷な状況で働かされるのか?)

こういうときは想像がフル回転。

(うなぎパイ工場みたいな平和なとこであってくれー)

と神に願っていると着いたのは高級スーツ点。変な想像してたからとりあえずホッとした。入るとまず何歳か聞かれた。21歳だと答えると

「14歳だと思った。ははは」だと。

こいつらほんとに売る気あるのか!!!
だがここは異国の地、例え俺といえどもガタイのいいタイ人10人ほどを相手にすると分が悪い。

なんとか怒れる鉄拳を沈め店を出た。

f:id:setun61:20161019003507j:plain
1番右が「ミヤサコおじさん」

そしてやっとワットポーに到着。災難だったけどここで挽回やーと思ってチケット売り場にむかった。すると、なんと3分前にチケット販売が終了してるではないか。

嘘だろ、、、ミヤサコおじさん、、、、なんでやねん、、、、、

(後日、入ろうとしてたのは宮殿でワットポーはまだ開いていたことが判明)

スポンサーリンク

 

乗りにかかった船

途方に暮れる3人

近くの市場を歩いていると、船着き場を発見。どうやら船に乗れるらしい。

トゥクトゥクに振り回され、お目当てのワットポーに行けず、そんなおれを癒してくれるのはこのボートだけだ。こころなしかボートのほうもおれを呼んでいる気がした。

よし、乗るしかない。勢いで乗り込んだ。

はあ、いい風だ。今日のハプニングすべてをこの風が流してくれる。そんな感じに風に身をゆだねていると、先頭に立っている中国人?がものすごい剣幕でしゃべっている。

あの人と目を合わせたらいけない。おれの本能が言っている。

すごい見てくる。目を合わせたらだめだ。

見てくる。目を合わせたらだめだ。

見てくる。目が合った。

よく見ると周りも中国人しかいない。ようやく事態に気づいた。

どうやら中国人貸し切りボートに乗り込んでしまったらしい。

かの芸人の言葉を借りるのであれば

「なんて日だ!!!」

だが旅人なのでおれはこう言う

「これも旅だ」

f:id:setun61:20161019002506j:plain
中国人貸し切りのボートから降りた後の僕ら

最後に

ハプニングもたくさんあったけどそれも含めてほんとにいい経験だと思っています。

個人的にはマジでタビイクおすすめ!

向こうで初めましてした人が同じ経験をともにすることによって、別れる時にはかけがえのない友達になっています。

ぜひぜひ参加してみてください。

あと日本語を流暢にしゃべるタイ人には要注意!!!

最後にポチッとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
お知らせ