せつたび

世界一周してきたぼくのブログ。なんでも書きます。

【就活日記③】資格学校に紹介された、地元ハウスメーカー編

f:id:setun61:20180603090953p:plain

どうも。

僕は現在、一部上場のハウスメーカーで現場監督として働いています。

就活の記録の参考として、僕の就活記録を伝えたいと思います。

第三弾は、資格学校に紹介された、地元ハウスメーカー編!

どのように僕は資格学校からハウスメーカーを紹介されたのか!

乞うご期待!

きっかけは資格学校の営業

建築学生あるあるなんですけど、4年生になると資格学校の営業がとても来ます。

「絶対に必要だから、今のうちから通っといたほうがいいよ。」

を売り文句に、あの手この手でしつこく連絡をしてきます。

中でも1番しつこい某○合資格さんは、鍵がないと入れないスペースにまで入ってきて、声をかけたので、うちの大学で出禁になりました。笑

 

僕はそれはスルーしていたのですが、3月中旬にその会社が出している「建築業界企業リスト」というものを大学で見かけて、就活に使えると思い、問い合わせして送ってもらいました。

そこから営業の方がついて、大学に来てくれて就活相談という名の営業を受けました。

 

大手の資格学校なので、いろんな会社の人が通っているので、僕が考えている会社名を言うと、

「そこは休日なのに出勤になって、講座を休むことが多いから、辞めといた方がいいよ。」

「そこは新入社員は全員本社配属になるよ。」

など、内部事情を教えてくれて便利でした。

スポンサーリンク

 

 

僕はハウスメーカーの中でも少し毛色の違う企業に絞っていたのですが、

「その業界なら、こことかどうかな?」

と地元のハウスメーカーを紹介されました。

詳しく聞いてみると、僕のしたいことをやっている企業で、基本的に地元内だけでの転勤で、職場環境もホワイトでかなり良さげなところでした。

逆になぜ見つけられていなかったのか。。。

 

その場で選考を受けることを決めると、

「それなら人事担当者に連絡してみるね。」

資格学校の営業は人事との繋がりも多いそうです。

 

「3日後に会社説明会があるらしいんだけど、空いてる?」

その場で連絡をしてくれて、会社説明会の予約を取れました。

めちゃめちゃ便利。

 

その後資格学校の説明を受けて、「営業下手だなあ」と思いながら仕方なく聞いてあげて、

最後に、「ゼミのグループLINEとかある?よかったら入れてくれない?」というゴリゴリの営業に

「いじめられてるので、グループLINEには入れてもらってないです。」

と断わりました。

(僕だけ休学していたので学年が違って本当にゼミLINEに入ってなかった。)

技術職限定バスツアー

帰宅してから、会社説明会の案内を確認すると、

『10:00〜17:00予定。昼食は出ます。』という長時間でびっくりしました。

 

当日行ってみると、それは技術職限定のバスツアーで、

会社での説明→材木工場→近くのレストランで昼食(3,000円ぐらいの豪華なやつだった。)→建設現場見学→解散

でした。

人事の方、先輩社員が大勢乗っていて、バスの中でもその会社についての質問を聞けたり、昼食のレストランが本当に豪華だったので、

「どんだけいい会社なんだ。」

と感動しました。

順調に進んでいく選考

その後SPI→一次面接→適性テスト→二次面接

と順調に進んでいきました。

 

その途中でも資格学校の営業さんは便利で、

「面接の結果が1週間経っても来ません。これサイレントってやつですかね。。。」

と聞くと、すぐに採用担当者さんに連絡してくれて、

「さっき聞いたら、週明けに送るつもりらしいよ。合格してるから安心して!」

と連絡をしてくれたり、

 

「今度うちの資格学校に通ってるその会社の先輩とOB訪問みたいなことしてみる?」

と提案してくれて、選考中の企業の先輩と話す場を設けてもらい、1時間ぐらい勤務地のことや資格のことなど色々聞けたり、

 

「採用担当者とも話してるけど、君はとっても優秀だからたぶん採用されるよ。

でも紹介だから絶対行かないといけない訳じゃないからね。」

と励ましてくれました。

 

正直、今働いている会社とめちゃめちゃ迷ってました。

第一志望の会社(現在働いているとこ)は、やってることは超共感できて、憧れの東京でも働ける。でも家賃補助が出ない、転職サイトでもあまり評価が高くない。

地元のハウスメーカーは、やりたいことは似てるけど、100%共感ではない。でも家賃補助出るしホワイトだし、地元だからお金が貯まる。

そう考えながら、選考を進めていました。

スポンサーリンク

 

最終面接

5月の終わりに最終面接を受けて、大きな失敗もせず、あとは結果待ちでした。

第一志望の会社(現在働いているとこ)からの内定もすでにもらっていたので、僕の予定ではどちらも内定者懇親会とかに出て、どちらにいくか決めよう。

と考えていました。

 

最終面接から3日後、メールが届いたので見てみると、

「誠に残念ながら、、、」

い、祈られた。。。

 

まさかの不合格でした。

 

すぐに資格学校の営業さんに電話すると、

「まあそういうこともあるよね。就活に絶対はないから。」

落ちた僕がだめなだけで、営業さんは何も悪くなくて、むしろ色々やってくれて感謝なんですけど、

めちゃめちゃモヤモヤしました。

 

建築学生のみんなは、資格学校めちゃめちゃ便利なので、就活に使うといいですよ!

それでは。