せつたび

世界一周してきたぼくのブログ。なんでも書きます。

出会い系で会ったギャルに歌舞伎町の20分で1万5000円のぼったくりバーに連れて行かれたので気をつけてね!

人気記事

【リゾートバイトの教科書】住み込みバイトを11回経験したぼくが登録の流れを詳しく解説!
スポンサーリンク

f:id:setun61:20180303080954j:plain

どうも、せっつん(@setun61)です。

あなたは出会い系サイトを使ったことありますか?

僕も今までずっとなかったんです。でも、東京で友達と飲んでるとき

「俺、出会い系で彼女出来たよ。ほら、これ」

と、3ヶ月記念のオリジナル動画を見せてもらいました。

そこには化粧っ気のあまりない純粋そうな可愛い女の子が映っていて、僕の中の出会い系のイメージが吹っ飛びました。

「こんな普通の子も出会い系やってるのか。そして付き合えるんか。」

僕はすぐにアプリをインストールしました。。。

 

翌日、新宿で暇だったので早速インストールした出会い系アプリを使って、遊んでくれる人を探しました。

しかし、大体が「ご飯食べませんか〜」とか「カラオケ行きたい〜」って言っていても、連絡してみると「別2(ホテル代別の2万円での援助交際)でどうですか?」

というもの。

(それもちょっと興味あるけど)普通に飲みに行ってくれる人を探していたので、うんざりしていました。

そこに現れたのが、Aちゃん。

Aちゃんとのやりとり

f:id:setun61:20180302221501j:plain

普通に飲みに行ってくれる人を探している人にようやく当たりました。

このアプリはメッセージを1通送るごとにお金がかかるものなので、LINEでやりとりしたいと言うとすぐにLINEを送ってくれて、

Aちゃんとのやりとり

f:id:setun61:20180302223344j:plain

そんなこんなで連絡を取り、集合場所の東宝シネマに行き、そこにいたのは

若くて黒いギャル!

正直タイプではないし、こんな感じの子と仲良くなれる気がしません。

が、せっかくの縁だしひとりで飲むよりは楽しいはずなので、声をかけて飲みに行くことにしました。

 

僕「どこか行きたいお店ある?」

ギャル「何回か行ったことあるバーがいい。そこにしよ。」

バーは敷居が高いし、金額も高いイメージがあるし、僕は色々食べたかったので、

僕「僕はお腹空いてるから、普通に居酒屋がいいなー。」

ギャル

「そのバーじゃないとイヤ!それ以外なら行かない!」

 

そう言われ、僕は気づきました。

(これ、ぼったくりバーに連れてかれるやつや!)

しかし、好奇心の塊の僕は興味深々

・どんな雰囲気のお店に連れて行かれるんだろう。

・そこでこの子はどう振る舞うんだろう。

・逃げたり出来るのか。

・どんな料金体系なんだろう。

そんなことを考えるとドキがムネムネ。(良い子は真似しないでね!)

手持ちは1万円あるので、僕は1杯だけ飲んですぐに帰ろうと決めました。

 

僕「うーん、それならそこでいいよー。」

ギャルは満足げに歩き始めました。

 

バーへ向かう最中、ギャルが行っている学校の話や、僕が今度から働く場所についてなど話してたのですが、驚くほど盛り上がらない。

お互いに相手に全く興味がありません。

 

ギャルに連れて行かれたバーは、東宝シネマから北に歩いて10分ほどのビルの4階にありました。

室内はバーというより「寂れた明るいクラブ」みたいな感じで、僕ら以外の客はいません。

店員さんは男性1人だけで、「絶対に普通に飲みには来ないだろうな。」と感じました。

スポンサーリンク

 

 

出されたメニューにはチャージが1,500円、1番安いドリンクは780円と書いてあり、僕は1番安いハイボールを注文してすぐにトイレに行きました。

元々用心して、ケータイ・1万円・クレカしか持って来てなかったのですが、念のためにトイレでクレカを靴底の下に隠して、1万円しか持ってない体でトイレを出ました。

しかし、これが大失敗。

席に戻ると、その子が「○○のサラミ」とフードを注文していて、何を注文したか聞いても「いや、軽くつまみを頼んだ」とはぐらかされました。

 

メニューを見てみると、1番安いフードでも1,500円。

これはやられた。

 

「ごめん、これから友達と飲みに行く約束してて、もう仕事終わったらしいから1杯だけ飲んだら行くね。」

そう告げると、ギャルはお酒を一気に飲み干して

「すいませんー。同じのもう1杯!」

めちゃめちゃ攻めてきました。

 

飲んでる2人には会話は無く、

「出来るだけ多く飲もうとするギャル VS 早くお会計をしたい僕」

の間で冷戦が繰り広げられていました。

ギャルが2杯目を飲み終わる前に『ローストビーフとサラミ』が出て来たので、「これ美味しいわ。」と言ってガツガツつまみを食べ、お酒を飲み干して

「ごめんな。友達が待ってるから、そろそろ行くわ。」

と言うと

「すいませんー。これのダブルありますか?」

と最後にお酒を注文するギャル。

 

先にお会計してもらうと、1万5000円!

「負けた。完敗や。」

ギャルの注文したお酒が1,500円〜2,500円のものばかりで、フードも2,500円ぐらい。

さらにサービス料として23%上乗せされたので、こうなりました。

 

僕「1万円しか持ってないんやけど、いくらかない?」

ギャル「いやー。持って来てない。下にコンビニあるで。」

 

店員さんに聞くと、身分証かケータイを預けたら外に出てもいいとのことなので、ケータイを預けてお金をおろして1万5000円払いました。

帰るときもギャルは無言で、最後に「私こっちだから。ばいばい。」と残して去って行きました。

(色々聞けたらよかったんですけど勇気がなかったです。すいません。)

領収書(日付は間違えられました。)

f:id:setun61:20180303074236j:plain

おそらくお店と女の子はグルで、連れて来た男が払った金額の数割を給料としてもらえるというものだと思います。

それならもっと愛想よくして、もっと会話をしたら、たくさん飲んでくれて騙せる金額が増えるはずなのに、全然やる気ないからすぐに帰られるんだよ。

もうちょい考えた方がいいと思いました。

最後に

出会い系で会った子に怪しそうなバーに連れそうになったら、確実にぼったくりバーです!

特に新宿、歌舞伎町!

僕みたいに怖いもの見たさで行ってみてもいいですけど、20分で1万5000円だったので、普通に飲んだら10万円とかは余裕で越えると思います。

 

あと、今さらなんですけどちゃんと出会おうという人は少しメールで会話のやりとりをして仲良くなってから実際に会うと思います。

(騙す系の子たちは、めんどくさくて雑談とかはしないはず。)

 

P.S.

1万円以内でどうにかなると思っていたのに1万5000円もしてしまい、とても悲しくてオンライン募金のpolcaをしたのですが、

めちゃめちゃスベりました。

2RT、6いいね。企画のウォッチ数は1週間経った今でも10ウォッチしかなくて、泣いています。

 

そんな中、唯一支援してくれたのが北海道から来た美女ほなみん(@honamin_____)!

300円の支援をくれて、荒んでいた心が少し潤いました。

ほなみんはスベる企画の先輩ですが、その人柄と日頃の信頼の積み重ねで、本当にスベることは回避しています。

note.mu

(後日会った時に、「そういえばせっつんめちゃめちゃスベってたね。笑」と笑われて悲しかった。)

 

まだpolcaは募集中なので、よければ支援お願いします〜!

それではっ