読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくろぐ

世界一周してきたぼくのブログ。なんでも書きます。

CouchSurfingで泊まったところに彼氏が乱入してきました。

人気記事

【リゾートバイトの教科書】住み込みバイトを7回経験したぼくが詳しく解説!
スポンサーリンク

f:id:setun61:20160608105135j:plain

台湾に滞在中にCouchSurfingを利用して泊めてもらっていた女性の家にいきなり彼氏が登場。

正直めちゃくちゃ怖かったです。

 

スポンサーリンク

 

 

ホストさんは台中に住む英語の先生

 

その日のCouchSurfingホストさんは29歳女性で英語の先生でした。

集合場所に行くと、ホストさんと、ちょっとおばさんと、でかいお兄さんが待っていました。(このお兄さんは彼氏ではない。)

2人ともホストさんの先生仲間だそうです。

 

でかいお兄さんは少し日本語を話せるらしく。

お兄さん「ごはん食べましたか?」

ぼく「いえ、まだです。」

お兄さん「今から近くの夜市に行きます。台中はちょっと危ないところなので気をつけてください。夜は変な人がいます。」

と、日本語で話しました。


夜市に行くためにホストさんの車に乗ろうとすると、ホームレスみたいなおじいさんが一緒に車に乗ろうとしてきて、お兄さんが外に誘導してました。
そんな街なのか台中。

 

夜市に連れて行ってもらってかなり満足です。

 

夜市に行き、英語の先生仲間がもう1人加わり、

これ美味しいよー!
とかおすすめされたものを食べ、初台湾風かき氷を食べました!!!

f:id:setun61:20160608102030j:plain

これでNTD40(160円!)
安いですよね。
めっちゃ美味しいです。

でかいお兄さんがおごってくれました。

 

そしてお宅訪問


夜市をまわって、車を持ってるホストさんが1人ずつ家まで送り届けて、ホストさんの家へ向かいますが、でかいお兄さんはよく分からないけど
お兄さん「ホストさんが最近引っ越して、新居をまだ見たことがないから後からスクーターで行くね。」
ということになりました。

 

(はっは〜ん。このお兄さんホストさんのこと好きやな。)

まあいいんだけどね。


しかもお兄さんのスクーターがめっちゃ早くて僕らより早く着いてました。

 

ホストさんはアパートを借りてて僕はその1部屋を貸してもらえました。

(普通はプライバシーもくそもないソファーで寝てねパターンが多い。)

 

そして、バスルームが2つあって、1つは自由に使ってね。
という高待遇。

(台湾のアパートでは一部屋につきバスルームが1つ付いてる場合が多い。)

 

スポンサーリンク

 

 

シャワーから上がると…

ホストさんもでかいお兄さんも日本に興味があるので、

今夜はお酒でも飲みながらたくさんお話しよう!

と言われ、とりあえずシャワーを借りることに。

 

20分ぐらいで出ると、

 

品川庄司の庄司さんを黒くした感じのお兄さんが増えていました。

 

f:id:setun61:20160608105601j:plain


ホストさん「私の彼氏だよ」

 

ぼく「あっ、どうもはじめまして。」(なんで彼氏が来るんや。笑)

 

ホストさん「今から彼氏の家に行ってくるね。明日の朝には帰ってくるから!」

 

ぼく「お…おう」(今夜はたくさんお話するんじゃなかったんか…)

 

 

そしてなぜか残されるぼくと大きいお兄さん。

ぼく「たくさんお話するって言ってたのにね。笑」

お兄さん「彼氏に君のことを言ってなかったらしくて、君がシャワーを浴びてる間に言ったらすぐに来たんだよ。

 

あれはかなり怒ってたね。

 

ぼく「」

 

まとめ

CouchSurfingで年頃の女性の家に行くなら彼氏に気をつけよう…

 

 

ブログランキング参加しています。
順位が上がるとモチベーションも上がります。
ぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村